法律の四季

パラリンピックと高齢者

パラリンピックと高齢者

今夏はリオのオリンピックで、夏の甲子園の影が薄かった。たしかに健常者のオリンピックも楽しめるが、「学び」はむしろパラリンピックであった。それは片手がない、片足がない、全盲である、ろう者である、亜者である、知的障害があると […]

3・11東北に立つ

3・11東北に立つ

南海トラフ地震が30年以内には来るという。いまそれに備えている人はどれくらいいるであろうか。最初から予防法務を唱えてきた私にとっては、対策をとらない訳にはいかない。それが先を読む知性のある者の対応というものである。 自助 […]

ピケティと相続

ピケティと相続

昨年来の世界的ベストセラーのトマ・ピケティの「21世紀の資本」は、私にとっても一つのショックであった。 彼の考えでは「相続」は富裕層が益々富裕になる一つの仕掛けとなるからである。 しかし三年来、相続の講演を続けた立場から […]

絵を読む

絵を読む

表の写真の私の左手の大きな絵は、家内の恩師の故深見公道画伯の作である。関係者を通じて教え子たちが寄贈を受けたようである。家内は特に心酔していたせいか、大小10数点を頂戴したようである。そこで一枚を事務所に飾ってみた。 深 […]

塩ジイの思い出

塩ジイの思い出

塩ジイこと塩川正十郎さんが先日亡くなられた。十年近く前にお会いしたことがあるので、ささいな思い出を書く。 亡き小林碧南市長にくっついて、衆議院会館で塩ジイに会った。胡蝶蘭の鉢に埋もれるような部屋で、若いときはさぞ美人であ […]

ピケティ勉強会

ピケティ勉強会

知人らとこの三月からピケティの「21世紀の資本」の勉強会をしている。 何しろ七百ページ近い本なので、あら方の人はその厚さだけでオジケ付き敬遠されている。 しかし中味はグラフや表で文章もやさしい。 とはいえ世界的経済学者の […]

健さんとマララ

健さんとマララ

平成26年年末の国内・国外の話題の人は、高倉健とマララ・ユスフザイさんであった。 「健さん」とは私のことではなく、むろん高倉の方である。どこかの特集番組で、彼が慰問に訪れた富山刑務所で、受刑者を前に涙で最後まで話せずに壇 […]

〒444-0854
愛知県岡崎市六名本町6-5
村越ビル

TEL:0564-53-5675
FAX:0564-54-5264